山和建設株式会社

ZEHゼッチについて

ZEHゼッチ (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) とは?

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い= ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。

ゼロエネルギー住宅イメージ

一次エネルギー消費とは

発電のために必要な、石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料や水力、太陽熱など、自然界に存在しているままのエネルギー源のことです。一次エネルギーを加工してつくられる電気やガスなどは二次エネルギーと言われます。つまり、家庭で消費するエアコンや給湯、照明などの二次エネルギー消費量を減らすことで、そのエネルギーを減らす事につながります。

政府の取組みとして住宅については2020年までに、ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準的な新築住宅とすることを目指す。2030年までに新築住宅の平均でZEHゼッチの実現を目指すとなっています。
※エネルギー基本計画

山和建設株式会社 ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) 事業計画

※ZEHビルダー登録の事業計画書を策定しましたので以下に公表致します。

■ZEHの周知・普及に向けた具体策

ホームページや広告などを通しZEH住宅の告知・普及に努めてまいります。
また、ZEH住宅と一般住宅との比較で分かり易く説明できる資料を提示し、各種資料の整備・充実をさらに進めてまいります。

■ZEH住宅のコストダウンに向けた具体策

ZEH仕様の標準化を図るとともに各建材・設備メーカーと協力をし、コストダウン(原価の見直し)や資材ロスの削減等を行っていきます。

■その他の取り組みなど

ZEH住宅の標準普及にあたり省エネ・創エネへの意識作りや地球温暖化などに役立つ住まいのあり方を消費者に伝えていきます。